アウトドア

『Jackery ポータブル電源 1000』は便利すぎて買ってはいけない!特長や使い方、デメリット・注意点について解説

『Jackery ポータブル電源 1000』
引用:Jackery_JapanHPより

こんにちは、きゅうたろうです!

外でも電源を使いたい!だけどいろんな種類のポータブル電源があって何を使ったらいいかわからないな?と悩んでいませんか?そんな悩みを解決してくれる『Jackery (ジャクリ)ポータブル電源 1000』の特長や使い方、デメリット・注意点について解説をします。

きゅうたろう

この記事は以下のような人におすすめ!

  • キャンプや外で家電製品を使えるポータブル電源を探している人
  • もしもの時の災害にも備えておきたい人
  • 車の掃除に清掃機器を使いたいがマンション住まいで外部電源が取れなくて困っている人

キャンプや車中泊、BBQなどのアウトドアでもポットや冷蔵庫、ドライヤーなどの家電が使えると便利ですよね。アウトドア以外にも車の掃除に使う清掃機器や災害時の緊急用の電源など、大容量のポータブル電源があれば様々な場面で役に立ってくれます。今回は、当ブログで自動車関連の記事を100記事以上執筆しているボクが『Jackery ポータブル電源 1000』の特長や注意点などを分かりやすく説明をします。

この記事を読めば、ポータブル電源のことがよく分かり、『Jackery ポータブル電源 1000』を使いこなすことができるようになりますよ!

それでは、どうぞ!

Jackeryってどんなブランド?

Jackeryってどんなブランド?
引用:Jackery_JapanHPより

Jackery(ジャクリ) ブランドは、創立メンバーにAppleの元バッテリーエンジニアが加わり、2012年米国にてJackery Incとして設立され、ブランド名は「Jackery」の語源は「Jacket」と「Battery」を組み合わせたもので、「まるで身に着けるように、バッテリーを簡単に使えるようにしたい」という思いが由来となって名付けられました。

最先端の研究開発および製造の専門知識を積み重ね、2015年:世界初のリチウムポータブル電源を開発、2019年:日本法人 株式会社Jackery Japanを設立、同年にはJVCケンウッド社と戦略的パートナーとして活動を精力的に展開しています。

「いつでも、どこでも、誰とでも」自由に安心な充電できる製品を提供するため、「ポータブル電源」「ソーラーパネル」の分野で、品質・技術の高いより良い製品を届けられるように活動をしている会社です。

『Jackery ポータブル電源 1000』の特長

『Jackery ポータブル電源 1000』の特長
引用:Jackery_JapanHPより

『Jackery ポータブル電源 1000』は、278400mAh/1002Whの大容量定格出力1000W、瞬間最大出力2000Wのため、モニターやファン、炊飯器などの高出力家電を使用することができます。本製品は純正弦波を採用しており、家電製品を安定して給電できるのも特徴。蓄電池なので音も静かでキャンプ、車中泊で作動音を気にする必要がありません。また、停電時の緊急電源としても最適です。1002Whという大容量ながら332×233×243mmのコンパクト設計。重量は約10.6kgとなっており、手軽に持ち運ぶことができます。

Jackery ポータブル電源 1000はコチラから

『Jackery ポータブル電源 1000』の特長①:様々な電気製品を長時間稼働できる

『Jackery ポータブル電源 1000』の特長①:様々な電気製品を長時間稼働できる
引用:Jackery_JapanHPより

『Jackery ポータブル電源 1000』は278400mAh/1002Whの大容量(定格出力1000W、瞬間最大出力2000W)に加え、余裕たっぷりの出力ポートで様々な設備や端末に充電できます。USB端子はPDやQC3.0急速充電に対応したポートを含め合計4個搭載しており、AC出力を3口に増設します。USB、DC、ACなど、合わせて最大8個の機器に同時給電が可能です。

夏の強い日差しが照りつけるキャンプでは、熱中症や脱水症状が起きやすいことから保冷アイテムや冷房器具があると便利です。ポータブル電源があれば、扇風機を使った涼しい空気に加えて、小型の冷蔵庫を使用して、いつでも冷えた飲み物を確保できます。

製品消費電力利用時間/回数
スマホ18W Max約54回
パソコン30W約12回
ライト5W約76時間
液晶テレビ60W約14時間
車載冷蔵庫60W約66時間
電気毛布55W約13時間

『Jackery ポータブル電源 1000』の特長②:車の清掃機器を動かしたりと趣味以外の場面でも

『Jackery ポータブル電源 1000』の特長②:車の清掃機器を動かしたりと趣味以外の場面でも

『Jackery ポータブル電源 1000』は278400mAh/1002Whの大容量(定格出力1000W、瞬間最大出力2000W)のため、車の清掃のためにリンサークリーナーを接続して動かしたりも余裕で出来ます。マンション住まいで外部電源を取ることができない人など、ポータブル電源は持ち運べるコンセント。『Jackery ポータブル電源 1000』があれば、電源問題は解決です。

屋外やガレージで車の掃除の普段使いやガーデニングやBBQなど様々なシーンで活躍してくれます。

車のシートにリンサークリーナー

『Jackery ポータブル電源 1000』があれば外で家電製品を動かすことも可能です。

ハンディ掃除機を使用すれば、自動車のシートの表面の汚れは取ることができます。ただし、表面のごみやホコリを取るだけなので、飲み物など染み込んだ汚れを取ることは掃除機にはできません。

布製品の染み込んだ汚れにはアイリスオーヤマ『リンサークリーナーRNS-P10-W』を使うことをおススメします。

『リンサークリーナーRNS-P10-W』はカーペットなど布製品を丸洗いできるクリーナーです。

水を自動ポンプで吹きつけながら、カーペットの汚れをすすいで強力吸引し、丸洗いしたように汚れをスッキリ落とします。ソファーや、車のシートなどの布製品の洗浄に大活躍!

隅や溝の汚れを吸い取りやすいT型ノズル。カーペットのスミや車のシート・ソファの隙間、子供の食べこぼしなど、汚れが溜まりやすい&汚れを落としづらい場所もスッキリお掃除できます!

アイリスオーヤマ『リンサークリーナーRNS-P10-W』についてもっと詳しく知りたい人は車のシートもアイリスオーヤマ『リンサークリーナーRNS-P10-W』で綺麗に、使い方やデメリット・注意点を解説」をぜひお読みください。

合わせて読みたい

『Jackery ポータブル電源 1000』の特長③:災害時の備え・非常用電源として

『Jackery ポータブル電源 1000』の特長③:災害時の備え・非常用電源として
引用:Jackery_JapanHPより

『Jackery ポータブル電源 1000』は278400mAh/1002Whの大容量のため、2~3人で2〜6日程度の電力を確保できます。災害時の緊急電源としてスマートフォン、タブレットの充電に加えて、電子レンジや電気ケトル、扇風機などの家電製品も使用できます。長期保管をしても電力の損失が少なく、突然の停電にも対応可能。さらにソーラーパネル(別売り)と組み合わせれば、太陽光による充電ができるため、電池残量が少なくなっても安心です。一般社団法人 防災安全協会の定める防災製品等推奨品認証を取得しているため、災害時でも安心して使用することができます。

ソーラーパネルの関連記事

ポータブルソーラーパネル『Jackery SolarSaga 100』

『Jackery ポータブル電源 1000』はソーラーパネル『Jackery SolarSaga 100』と組み合わせれば、太陽光による充電ができるため、電池残量が少なくなっても安心です。

どこでも確実に電力を確保

『Jackery SolarSaga 100』はDC&USB出力ソーラーチャージャーがあり、ソーラー充電器として、スマートフォンやタブレットなどの機器の充電に加えて、Jackeryポータブル電源の充電も可能です。キャンプ、ハイキング、サイクリングなどのアウトドアにも最適です。

停電時の防災グッズとして

『Jackery SolarSaga 100』は自然災害の影響で停電が発生した際に、ソーラーチャージャーで太陽光を使って電気を得ることができます。スマホのバッテリーが切れないことで、連絡手段を確保し、さらに災害時に重要な情報を確実に得ることができます。ポータブル電源と一緒に使えば、電源のない場所でもポットや炊飯器などの家電製品も使用でき、心強いアイテムとなります。

ソーラーパネルで電気代を削減

ソーラーパネルは、自然エネルギーである太陽光を直接電力に変換することができます。ポータブル電源と組み合わせることで、蓄電した電力を使用して月々の電気代を削減することができます。

ソーラーパネル『Jackery SolarSaga 100』についてもっと詳しく知りたい人は『Jackery SolarSaga 100』は便利すぎて買ってはいけない!特長や使い方、デメリット・注意点について解説」をぜひお読みください。

合わせて読みたい

『Jackery ポータブル電源 1000』の特長④:安全性にも十分な配慮がされた電源

『Jackery ポータブル電源 1000』の特長④:安全性にも十分な配慮がされた電源
引用:Jackery_JapanHPより

バッテリーで気になるのは安全性です。リチウムイオンバッテリーを使用しているため、発火の危険性がないか気になるでしょう。

『Jackery ポータブル電源 1000』は一般社団法人防災安全協会の定める防災製品等推奨品認証を取得しています。さらに電気用品安全法の基準に適合した電化製品にのみ掲示されるPSEマーク、リチウムイオン電池の国際基準の一つである「UN38.3」(国連特別輸送試験)の認証も取得しているため、安心してご使用することができます。

本体にはPC(ポリカーボネート樹脂)とABS(エービーエスアロイ)防火材料を使用しており、耐久性と放熱性に優れています。一度に大量の電気を使用しても、爆発や火災の心配はありません。

BMS(バッテリーマネージメントシステム)に加えて、NCM制御機能を搭載することで、過充電保護、過放電保護、過電流保護、短絡保護、温度保護といった安全機能に対応。万が一誤操作が起きても、ショート・過負荷などを検知して充電・放電停止を行うため、安心です。

リチウムイオン電池を採用しており、500回充電・放電を繰り返しても80%の蓄電容量を保証します。

Jackery ポータブル電源 1000はコチラから

『Jackery ポータブル電源 1000』の商品スペック

品番Jackery ポータブル電源 1000
電池タイプリチウムイオン電池
容量1002Wh
定格出力1000W
重量10.6kg
AC出力3*100V/10A ,60Hz
シガーソケット1*12V/10A
USB出力1*USB-A出力:5V/2.4A
2*USB-C出力:5V/3A,9V/2A,12V/1.5A
1*QC3.0出力:5~6V/3A,6.5~9V/2A,9~12V/1.5A
充電温度0℃~40℃
動作温度-10℃~40℃
保管温度‐10~40℃(炎天下の車内で保管しないでください)
サイズ(横×奥行×高さ)332*233*243mm
入力ポート24V-7.5A Max(12-30V対応)
充電時間
コンセント約7.5時間
シガーソケット約14時間
100Wソーラーパネル(別売り)約17時間(天気次第)

ポータブル電源を比較したい

『Jackery ポータブル電源 』には複数のモデルがあります。自分の目的に合ったポータブル電源を探している人は、各モデルのバッテリー容量や出力ポートなど機能の比較や、使用シーンについて書いた記事『Jackery ポータブル電源 』を比較せずに買ってはいけない、特長、用途別にモデル比較を解説」をぜひお読みください。これを読めば、あなたにピッタリの「Jackery ポータブル電源」が見つかるはずです。

合わせて読みたい

『Jackery ポータブル電源 1000』の寿命(耐久年数)は

『Jackery ポータブル電源 1000』の寿命(耐久年数)はJackery(ジャクリ)の公式仕様では

ポータブル電源240/400/708/1000 500サイクルの充電・放電を繰り返しても80%の蓄電容量が保証されています。

具体例を挙げると、500サイクルの場合、月に3回0%から100%までフル充電をした場合、年間36サイクル分充電することになり、その場合は約13年間にわたりバッテリーの蓄電容量が80%以上をキープすることができます。

上記から分かるようにかなりの長期間稼働させることができます。

ポータブル電源の寿命を伸ばす方法は

ポータブル電源の寿命を延ばすポイントは2つあります。

寿命を延ばす2つのポイント

  1. 使用時、保管時の温度管理に気を付ける
  2. 充電の仕方に気を付けて寿命を延ばす

使用時、保管時の温度管理に気を付ける

リチウムイオンバッテリーは適正温度下での使用が必要で、その温度を超えたり下回ったりするとバッテリーにダメージとなり、劣化が進んでしまいます。Jackeryのポータブル電源の動作温度は-10℃から40℃の範囲です。この範囲でも稼働はしますが、リチウムイオンバッテリーに負荷をかけにくい推奨温度は16℃~25℃程度と言われています。炎天下での屋外の使用は日陰に設置をしたり、冬、使用しない時は車内やテント内にしまっておくなど、温度変化の少ない環境での使用を心がけると良いでしょう。これは使用していない時の保管時も同様です。また精密機器でもありますので、湿気の少ない場所に保管しておくことをおススメします。

充電の仕方に気を付けて寿命を延ばす

リチウムイオンバッテリーは適切な充電を行うことでバッテリー寿命を延ばせますが、注意したいのは「過放電」です。「過放電」とは、空になったバッテリーが「自己放電」により完全に放電した状態からさらに電気を放出する「過放電」となります。バッテリーがこの過放電の状態になってしまうとバッテリー内で起こってほしくない化学変化が起こってしまい、充電性能が低下してしまいます。

充電時も同じように「過充電」という状態に注意が必要です。「過充電」とは満タンに充電したうえでさらに充電を続けた場合に設計上の電気を蓄えようとして「過充電」の状態になってしまう場合があります。過充電の状態が長期間続くとバッテリーの劣化が起こってしまい、寿命が短くなります。過放電も過充電もどちらも不可逆的な変化のため充電や放電を行ってもほとんど元に戻りません。

Jackeryのポータブル電源は、最先端のバッテリーマネージメントシステム(BMS)を搭載しており、過充電や過放電を防止することができます。

使用した後は、屋内へしまう、充電が終わったらコンセントを抜くという点を守って頂ければバッテリー寿命を延ばすことができます。

Jackery ポータブル電源 1000はコチラから

『Jackery ポータブル電源 1000』のレビューコメント(口コミ)

『Jackery ポータブル電源 1000』のレビューコメント(口コミ)
引用:Jackery_JapanHPより

思ったよりも軽く、取っ手も握り心地がイイ!なので持ち運びが苦ではないです。安全性、信頼性に重点を置いて選びました。用途は車中泊を快適にしたいということがきっかけでした。1000wあれば、大抵の電化製品が使えます。炊飯器で米を炊いたり、IHで調理したり、ゲーム機、スマホ、タブレットの充電‥など幅広く使えてます。
我が家の屋根上にはソーラーパネルがあるので、災害が起きて停電になったときには、昼間に充電して、夜はジャクリーを使うなんて事を考えてて、災害時の安心にも繋がります。
できれば、他社のようにバッテリーのみ拡張できるみたいなシステムがあれば、尚良いですが、それくらいなら二台目を買っても良いかもしれないですね^^;

Amazon

とにかく静かです。購入する時に750か1000か迷いましたが、1000にして良かったと思います。サイズも大き過ぎず、とにかく静かで1回の充電で長時間いろいろな電気器具が使えたのでとても重宝いたしました。

Amazon

非常時用に購入!非常時やキャンプや釣り用にと購入しました。
値段は高いですが、使い方も簡単で購入して良かったです!
身長167センチの私なら片手で持ち運びできますが、小柄な女性だと重すぎて移動が少し大変かもです。
別売りのバッテリー充電ケーブルの購入もし、バッテリーあがりにいざという時に備えました。
容量も満足してます!

Amazon

Jackery ポータブル電源 1000はコチラから

『Jackery ポータブル電源 1000』の廃棄方法

リチウムイオンバッテリーは不燃ごみや粗大ごみとして捨てることは出来ず、各自治体によって取り扱いが決まっています。一般的に処分する方法として

  1. 家電量販店
  2. 製造元メーカー
  3. 自治体
  4. リサイクルショップや不用品回収

がありますが、Jackeryポータブル電源/ソーラーパネルはJackeryが引き取りをしてくれます。廃棄をご希望の場合はJackeryカスタマーサービスまで連絡をしてください。

『Jackery ポータブル電源 1000』のデメリット・注意点

『Jackery ポータブル電源 1000』のデメリット・注意点

『Jackery ポータブル電源 1000』のデメリット・注意点について見ていきます。

『Jackery ポータブル電源 1000』は10.6㎏と重量がある

『Jackery ポータブル電源 1000』はコンパクトで軽量設計とはいえ、10.6㎏と女性や子供、お年寄りには持ち運ぶのは苦労をする重量となっています。力が弱い方が移動する場合には台車を使用するなど工夫が必要です。

充電切れになったら使えない

『Jackery ポータブル電源 1000』はリチウムイオンバッテリーですので、当然ですが充電がなくなれば使用できなくなります。『Jackery ポータブル電源 1000』は278400mAh/1002Whの大容量なので、1,2泊程度のキャンプであれば問題ないと思いますが、もし充電が心配な場合は外部電源が使用できるキャンプ場を使うか、別売りのソーラーパネルを準備しておくと良いでしょう。

温度管理に気を付ける必要がある

炎天下や氷点下の屋外で使用するとリチウムイオンバッテリーが劣化する可能性があります。Jackeryのポータブル電源の動作温度は-10℃から40℃の範囲です。この範囲でも稼働はしますが、リチウムイオンバッテリーに負荷をかけにくい推奨温度は16℃~25℃程度と言われています。炎天下での屋外の使用は日陰に設置をしたり、冬、使用しない時は車内やテント内にしまっておくなど、温度変化の少ない環境での使用を心がけると良いでしょう。

Jackery ポータブル電源 1000はコチラから

まとめ

今回の記事では『Jackery ポータブル電源 1000』の特長や使い方、デメリット・注意点について解説をしました。『Jackery ポータブル電源 1000』は、278400mAh/1002Whの大容量。定格出力1000W、瞬間最大出力2000Wのため、モニターやファン、炊飯器などの高出力家電を使用することができます。キャンプ、車中泊に加えて、停電時の緊急電源としても最適で、あなたのアウトドアライフや普段の日常生活の移動できるコンセントとしておおいに活躍してくれるでしょう。

ポータブル電源をお探しであれば『Jackery ポータブル電源 1000』を試してみてはいかがでしょうか。

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

-アウトドア
-,