PR アウトドア

重量270g!登山にぴったりのスノーピーク「オゼン ライト」の特長や使い方、デメリットや注意点を解説

重量270g!登山にぴったりのスノーピーク「オゼン ライト」の特長や使い方、デメリットや注意点を解説

こんにちは、きゅうたろうです!

登山の休憩にちょっとコップを置いたりバーナーを置いたりできるミニテーブルがあったらいいな。何かいいアイテムはないかな?と悩んでいませんか?今回は重量がなんと270gで超軽量コンパクトなミニテーブル、スノーピーク「オゼン ライト」の特長や使い方、デメリットや注意点を解説します。

きゅうたろう

この記事は以下のような人におすすめ!

  • 登山やハイキング用のミニテーブルを探している人
  • とにかく軽いテーブルを探している人
  • スノーピークブランドが好きな人

アウトドアで、飲み物を温めたりするときに、ちょっとしたテーブルがあると快適さがぜんぜん違います。今回は当ブログでアウトドアに関する記事を100記事以上執筆しているボクが、スノーピーク「オゼン ライト」について分かりやすく丁寧に説明をします。

この記事を読めば、森や山の上でゆったりとドリップコーヒーが楽しめるようになりますよ!

それでは、どうぞ!

スノーピーク「オゼン ライト」の特長

スノーピーク「オゼン ライト」の特長

スノーピーク「オゼン ライト」の特長は次の2つです。

オゼンライトの特長

  • 重量がなんと270g!という超軽量
  • 折りたたみができて超コンパクト!

スノーピーク「オゼン ライト」は本体重量が270gで、開くとA4サイズのテーブルになります。使用時のサイズは297×210×85(h)mmです。登山のちょっとした休憩用のテーブルにぴったりです。

使わないときはコンパクトに折りたたむことができ、収納時のサイズは297×120×25(h)mmです。

◆スペック

サイズ使用時:297×210×85(h)mm
収納時:297×120×25(h)mm
重量270g(本体のみ)
セット内容セット内容:本体、収納ケース
材質アルミニウム合金、ステンレス鋼

お湯を沸かすならコレ

スノーピーク「オゼン ライト」のレビューコメント(口コミ)

ディンプルがカッコいい

ディンプル加工がかっこよくフィールドホッパーよりも軽いがやはり組み立ての手間は、掛かる。
と言ってもそんなに難しくは、無い
手軽さをとるか軽さをとるか?

Amazon

めちゃ軽

とにかく凄く軽いです。
sotoの様にパッと開いての様な簡便性は無いが,いざ組み立てれば質感や高級感はかなりあり、流石スノーピークだと思わずにはいられない。
高くはあるが,実際に使えば分かるであろう。買って正解だと。

Amazon

軽さを重視するときの第一選択肢

簡単に手に入る製品の中で最軽量で、登山のような軽さを重視する用途では第一選択肢とすべき製品です。

テーブルとしては特別な機能は備えていませんが、天板の見た目は美しく、パンチング(細かい穴)で軽量化が図られていても丈夫さは維持されていて、両端が少し上に曲げられているため物が落ちにくいです。

一方、他のレビュアが指摘している通り、組み立ては便利とは言えません。
組み立てにあたり、どこに何を挟んだら良いか視覚的な誘導がなく、疲れているときにはストレスです。
スタンドの着脱には強い力が必要で、指を挟みそうな怖さがあります。

メーカーのプロモーションビデオでは、スタンドは天板を挟み込むように収納するとザックで場所を取らないようです。しかし、その収納では天板にどんどん傷がついていくのが気になります。

Snowpeakによる綺麗な意匠を無視すれば、全体的に素朴で、野趣あふれる道具として楽しむべきでしょう。

Amazon

チタンシングルマグ

スノーピーク「オゼン ライト」の使い方

スノーピーク「オゼン ライト」の使い方(組み立て方)

オゼンライト使い方

  • 2枚の天板と2本のワイヤースタンドを用意します。天板を裏にして2枚並べ、ワイヤースタンドの凹部を天板端部中央の切欠きに差し込みます。
  • 次に、天板裏面3箇所の爪にワイヤースタンドを引っ掛けます。もう一方のワイヤースタンドを同じ様に取り付けます。
  • 完成です。 天板がしっかりと固定されている事を確認し、ご使用ください。

スノーピーク「オゼン ライト」のデメリットや注意点

スノーピーク「オゼン ライト」のデメリットや注意点は次のとおりです。

ワンタッチで組み立てができない

スノーピーク「オゼン ライト」はワンタッチで設置はできません。足の取付が必要で、難しくはありませんが、めんどうだと感じてしまうかもしれません。そんなときはSOTOの「フィールドホッパーST−630」のほうがよいでしょう。

ポイント

SOTO「フィールドホッパーST-630」の重量は395gと軽く仕上げられており、折りたたみのサイズも幅29.7×奥行11×高さ1.9cmとコンパクト。広げるだけのワンタッチで設置ができます。

もっと詳しく知りたい人はソロキャン・登山・ツーリングにキャンプローテーブルはコレ!SOTO「フィールドホッパー」の特長、使い方、デメリットや注意点を解説」をぜひお読みください。

A4サイズほどなので小さい

スノーピーク「オゼン ライト」は携帯性を優先させた作りなので、テーブルサイズはコピー用紙のA4サイズほどしかありません。必要最低限の大きさなので、食事をしたりするには小さい場合があります。

まとめ

今回の記事は重量が驚異の270gで、登山にぴったりのスノーピーク「オゼン ライト」の特長や使い方、デメリットや注意点を解説しました。携帯性の良さに特化したミニテーブルで、登山やハイキングでも邪魔にならない重量と大きさです。

山の上で、ドリップコーヒーを楽しんだり、ちょっとした物置にスノーピーク「オゼン ライト」はいかがでしょうか。

アウトドアライフがちょっと便利になりますよ!

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

関連記事

「スノーピーク」人気キャンプギアのおすすめ10アイテムを紹介

チタンマグは直火使える?初心者におすすめスノーピーク「チタンシングルマグスターターセット」の特長やデメリット・注意点について解説

キャンプ道具の必需品!米も炊けるスノーピーク「アルミパーソナルクッカーセット SCS-020」の特長や使い方、デメリットや注意点を解説

超便利、計量にもお皿にもなる!アウトドア用スノーピーク「マグ・シェラカップ 310ml E-203」の特長や使い方、注意点を解説

焚火台の使い方や焚火ルールは?「スノーピーク焚火台」の特長や使い方、デメリットや注意点を解説

焚火テーブルは本当に便利?スノーピーク「TAKIBI Myテーブル」の特長や使い方、デメリットや注意点を解説

スノーピーク「フラットバーナー」のガスは何を使う?フラットバーナーのメリット特長や使い方、注意点を解説

IGTテーブルとは?バナーと一体化できるテーブル!スノーピーク「エクステンションIGT」の特長や使い方、デメリットや注意点を解説

大きい鍋にも対応!おしゃれなスノーピークのガスバーナー「HOME&CAMPバーナー」の特長や使い方、デメリットや注意点を解説

失敗しないペグハンマーと鍛造ペグ選び!スノーピーク「ペグハンマー PRO.C」「ソリッドステーク」の特長と使い方、デメリットや注意点を解説

機能美のある打ち込み式ランタンスタンド!スノーピーク「パイルドライバー」の特長や使い方、デメリットや注意点を解説

外でも部屋でも使える!スノーピーク「シェルフコンテナ」の特長や使い方、デメリット・注意点について解説

最強クーラーボックス!スノーピーク「ハードロッククーラー 40QT」の特長や使い方、デメリット・注意点について解説

失敗しないシングルバーナー選び!スノーピーク「ギガパワーストーブ地オート」の特長や使い方、デメリットや注意点を解説

金属臭さが少ない!スノーピーク「チタンスキットル250」の特長・使い方やデメリットや注意点を解説

アウトドア用の扇風機!バッテリも使えるスノーピーク「フィールドファン」の特長や使い方、デメリットや注意点

IGTフレームにセットし煮込み料理もできる石油こんろスノーピーク「タクード」の特長や使い方、デメリットや注意点を解説

-アウトドア
-